「世界一美しい」日本の紅葉

11月に入り、いよいよ本格的な紅葉シーズンの到来!実は、「紅葉」が見られる国は世界的にみても貴重ということをご存じでしたか?紅葉は、北半球のなかでも温帯地域でしか見られないものなのです。そして、紅葉がきれいな樹は落葉樹。この落葉樹が多く存在している国が日本なのですね。外国にもちろん紅葉のきれいな国はありますが、そのなかでも日本は紅葉の色彩の種類が非常に豊か。「世界一美しい」とまで言われているのです。いろいろな条件の偶然が重なり合い、日本に落葉樹が多く存在しています。日本の山の地形、黒潮の暖流の海岸線。氷河期さえも日本の木々は絶滅を免れたそうです。日本に住んでいると、紅葉狩りは当たり前の秋の風物詩のひとつになってしまっているので、なんだかぴんとこないですよね。外国の紅葉は、赤、黄色など一色のみ染まることが多いです。しかし、日本の紅葉は、赤と黄色が入り交じり、その上紅葉しない深い緑、雪が積もった白が重なり合い、とても美しいコントラストを生み出すのだそうです。また、神社やお寺などの日本の伝統的な建築物と紅葉は、とてもマッチしていますよね。日本の特有の気候、落葉樹の多さ、日本の伝統的建築物と、まさに恵まれた環境だということがわかります。秋もたくさんの外国人観光客が訪れるでしょう。他の国では絶対に見ることのできない紅葉の美しい色彩を楽しんでもらいたいですね。自然がくれた奇跡の偶然の絶景を、ぜひとも大切にしていきたいですね。queensslimhmb.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です