新年初めての徹夜マージャン大会

土曜の昼間に大学の仲のいい友人から一本のLINEが届きました。
「…麻雀がしたい。」
丁度重要な提出物をお互い抱えているのはわかっているのですが、そういえばここ1月くらいやっていないなぁ。と。
やらなきゃいけないことはあるのだけど、外は寒いしこたつは暖かいし…と干物のような生活をしている自分に気づき、
「どうせこのまま寝ていても何も生まれないや」と感じて誘いに乗ることにしました。
そこで急遽メンバーを集め、深夜0:30から開催が決定した新年初、徹夜マージャン大会。
場所はいつもの行きつけの雀荘で、大学の先輩、後輩、仲の良い友達と自分の4人です。

久しぶりに牌を触って、みな、どうやってやるんだっけ。とお互いに手さぐり状態で始まりました。
夜も更けてくると昔の感覚が戻り、みな白熱した戦いを楽しみました。
朝方、ちょっと重たくなってきた上にじりじりと痛くなる頭、かすんでくる目に徹夜の麻雀ってこんな感じだったよなぁ、と感慨にふけっていました。
結局朝10時くらいまでみんなでマージャンを楽しみ、解散しました。
お昼ご飯をどこかで食べる、という話にもなりましたが、寝る前に食べると太る?でもこれって朝だから大丈夫?
という葛藤があり、疲れていたこともあったので帰宅して寝ることにしました。
いざ帰宅してみると疲れた体、たばこ臭い自分と服、潰れた日曜日…どうせ潰れるなら日曜日の朝からやればよかったのではないか、と強く後悔。
朝まで飲んだ時も、終電を逃すときはすごい楽しいのに、朝になると眠いしつかれてるし…毎回毎回徹夜をして後悔しないことはないなぁと。
なんというか、いつか学んで徹夜をすることをやめられるのか心配です。学ぶ前に体力の限界が先にくるのかなぁ。というかいつまでこんなことをできるのだろう。

あ、でも雀荘にすごい年上の人もいたから体力的には問題ないのかもしれん。
多分40歳くらいだったと思うけど、自分は10年後、20年後にどうなっているのか…
とりあえず、現実に戻って明日からやるべきことを精いっぱいやろう、と思いました。痩せるサプリ